研究業績

English

学術論文

  1. Masatsugu Ohno, Kei Nakatsuma, Yasutaka Ohshima, and Ippei Torigoe, “,” SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration, vol. 10, no. 5, pp. 338-343, 2017.
  2. 大野 昌嗣, 中妻 啓, 大嶋 康敬, 鳥越 一平, “指数解析を用いた圧力式漏洩検査,” 日本機械学会論文集, vol. 83, no. 851, p. 17-00112, 2017.
  3. Ippei Torigoe, Kei Nakatsuma, Ikuro Mizumoto, and Kazuya Mori, “Temperature Variation Compensation Using Correlation in Pressure Change Leakage Tests. Journal of Dynamic Systems,” ASME Journal of Dynamic Systems, Measurement, and Control, vol. 138, no. 1, 2015.
  4. 深山 覚, 中妻 啓, 酒向 慎司, 西本 卓也, 小野 順貴, 嵯峨山 茂樹,
    “音楽要素の分解再構成に基づく日本語歌詞からの旋律自動作曲,”
    情報処理学会論文誌, vol. 54, No. 5, pp. 1709-1720, 2013.
    [情報処理学会論文誌特選論文]
  5. 中妻 啓, 篠田裕之,
    “二次元通信におけるデバイス位置・方向計測,”
    計測自動制御学会論文集. vol. 47, No. 12,
    pp. 606-613, 2011.
  6. 嵯峨山 茂樹, 中妻 啓, 深山 覚, 酒向 慎司, 西本 卓也,
    “日本語歌詞からの自動作曲,”
    オペレーションズ・リサーチ, vol. 54, No. 9,
    pp. 546-553, 2009.

受賞等

  1. ポスター発表賞:第34回計測自動制御学会センシングフォーラム(計測部門・九州支部):第34回センシングフォーラム (木下 幸来, 河崎 滉, 中妻 啓, 鳥越 一平, 兼松 明弘): “乳幼児尿流量推定のためのオムツ吸水層内の尿拡散取得” (2017)
  2. 計測自動制御学会 計測部門研究技術奨励賞:第30回センシングフォーラム中妻 啓): “サクソフォン吹奏時の口腔内状態計測法の基礎的検討” (2013)
  3. 東京大学大学院情報理工学系研究科・研究科長賞: 学位論文 “身体表面を介した入力インタフェースのための位置情報と能動接触のセンシング” (2012)
  4. 計測自動制御学会 計測部門研究技術奨励賞:第26回センシングフォーラム中妻 啓): “静電容量センサアレイによる二次元通信におけるセンサノード位置計測” (2009)
  5. 優秀講演賞:第10回計測自動制御学会SI部門講演会中妻 啓, 篠田 裕之): “二次元通信における位置計測法(第3報)” (2009)
  6. 優秀講演賞:第9回計測自動制御学会SI部門講演会中妻 啓, 牧野 泰才, 篠田 裕之): “二次元通信における位置計測法(第2報)” (2008)
  7. 優秀講演賞:第8回計測自動制御学会SI部門講演会中妻 啓, 牧野 泰才, 篠田 裕之): “二次元通信における位置計測法” (2007)
  8. インタラクティブ発表賞:インタラクション2008 (米林 裕一郎,中妻 啓,西本 卓也,嵯峨山 茂樹): “Orpheus: 歌詞の韻律を利用したWebベース自動作曲システム” (2008)

国際会議論文

  1. Yuto Kiyota, Kei Nakatsuma, Makiko Kobayashi, “Flexible Ultrasonic Transducers by Automatic Spray Coating for Non-Destructive Testing,” in Proc. IEEE International Ultrasound Symposium (IUS), Manusctipt ID 810, Sep., 2017, Washington, D.C., USA.
  2. Kei Nakatsuma, Ryoma Takedomi, Takaaki Eguchi, Yasutaka Oshima, Ippei Torigoe, “Active Bioacoustic Measurement for Human-to-Human Skin Contact Area Detection,” in Proc. IEEE Sensors 2015, pp. 104-107, Nov., 2015, Busan, South Korea.
  3. Takaaki Kamigaki, Kei Nakatsuma,Yasutaka Oshima, Ippei Torigoe, “Detection of Ultrasound Pressure Distribution for Remote Measurement of Haptic Surface Roughness,” in Proc. IEEE Sensors 2015, pp. 315-318, Nov., 2015, Busan, South Korea.
  4. Kei Nakatsuma, Ryoma Takedomi, Takaaki Eguchi, Yasutaka Oshima, Ippei Torigoe, “Skin-to-Skin Contact Area Measurement Based on Elastic Wave Propagation Amplitude,” in Proc. of IEEE World Haptics Conference 2015, WIP-21, Jun., 2015, Evanston, USA.
  5. Kei Nakatsuma, Takuya Yamasaki, Yasutaka Oshima, Ippei Torigoe, “Respiratory Impedance Sensing Using Acoustic Vocal Tract Measurement for Lung Function Test,” in Proc. of SICE Annual Conference 2014, pp. 817-820, Sep., 2014, Sapporo, Japan.
  6. Masatsugu Ohno, Yasutaka Ohshima, Kei Nakatsuma, Ippei Torigoe, “Temperature Variation Compensation Using Exponential Analysis in Pressure Change Leakage Tests,” in Proc. of SICE Annual Conference 2014, pp. 1185-1189, Sep., 2014, Sapporo, Japan.
  7. Masatsugu Ohno, Yasutaka Ohshima, Kei Nakatsuma, Ippei Torigoe, “Temperature Variation Compensation Using Lagrange Interpolation Polynomials in Pressure Change Leakage Tests,” in Proc. of SICE Annual Conference 2013, pp. 59-63, Sep., 2013, Nagoya, Japan.
  8. Kei Nakatsuma, Takayuki Hoshi, Ippei Torigoe, “Haptic-Emoticon: Haptic Content Creation and Sharing System to Enhancing Text-Based Communication,” in Proc. of SICE Annual Conference 2013, pp. 218-222, Sep., 2013, Nagoya, Japan.
  9. Kei Nakatsuma, Akihito Noda, and Hiroyuki Shinoda, “Passive RFID Tag Positioning Using 1D Stripline-shaped Antenna,” in Proc. of SICE Annual Conference 2011, pp. 827-830, Sep., 2011, Tokyo, Japan.
  10. Keiko Yokoyama, Kei Nakatsuma, Masahiro Fujiwara, Masafumi Takahashi, and Hiroyuki Shinoda, “Remote Compliance Measurement Method Using Ultrasound Phased Array,” in Proc. of SICE Annual Conference 2011, pp. 2397-2401, Sep., 2011, Tokyo, Japan.
  11. Masahiro Fujiwara, Kei Nakatsuma, and Hiroyuki Shinoda, “Remote Measurement of Surface Compliance Distribution for Haptic Broadcasting,” in Proc. of SICE Annual Conference 2011, pp. 1960-1965, Sep., 2011, Tokyo, Japan.
  12. Masahiro Fujiwara, Kei Nakatsuma, Masafumi Takahashi, and Hiroyuki Shinoda., “Remote Measurement of Surface Compliance Distribution Using Ultrasound Radiation Pressure,” in Proc. of IEEE World Haptics Conference (WHC) 2011, pp. 43-47, Jun., 2011, Istanbul, Turkey.
  13. Kei Nakatsuma, Hiroyuki Shinoda, “Position and Orientation Sensor in Two-Dimensional Communication Network,” in Proc. SICE Annual Conference 2010, pp. 3150-3154, Aug., 2010, Taipei, Taiwan.
  14. Kei Nakatsuma, Hiroyuki Shinoda, “High Accuracy Position and Orientation Detection in Two-Dimensional Communication Network,” in Proc. CHI 2010 (The 28th Annual ACM SIGCHI Conference on Human Factors in Computing Systems), pp. 2297-2306, Apr., 2010, Atlanta, USA.
  15. Satoru Fukayama, Kei Nakatsuma, Shinji Sako, Yu-ichiro Yonebayashi, Tae Hun Kim, Qin Si Wei, Takuho Nakano, Takuya Nishimoto, Shigeki Sagayama, “Orpheus: Automatic Composition System Considering Prosody of Japanese Lyrics,” in Proc. ICEC 2009 (8th International Conference on Entertainment Computing), pp. 309-310, Sep., 2009, Paris, France.
  16. Kei Nakatsuma, Yasutoshi Makino, and Hiroyuki Shinoda, “Node Localization in the “Two-Dimensional Communication” Networks based on Electric Field Pattern Measurement,” in Proc. SICE Annual Conference 2008 (International Conference on Instrumentation, Control and Information Technology), pp. 3380-3385, Aug., 2008, Tokyo, Japan.
  17. Kei Nakatsuma, Yasutoshi Makino, and Hiroyuki Shinoda, “Position Sensing based on Electric Field Measurement on Two-Dimensional Signal Transmission Sheet,” in Proc. INSS 2008 (Fifth International Conference on Networked Sensing Systems), pp. 189-194, Jun., 2008, Kanazawa, Japan.

国際会議ポスター/デモ

  1. Kei Nakatsuma, Takayuki Hoshi, and Ippei Torigoe, “Haptic-Emoticon, a framework for creating and sharing haptic contents,” in ACM SIGRAPH 2013 (The 40th International Conference on Computer Graphics and Interactive Techniques), Posters, Jul., 2013, Anaheim, USA.
  2. Kei Nakatsuma, Hiroyuki Shinoda, Yasutoshi Makino, Katsunari Sato, and Takashi Maeno, “Touch Interface on Back of the Hand,” in ACM SIGGRAPH 2011 (The 38th International Conference on Computer Graphics and Interactive Techniques), Posters, Aug., 2011, Vancouver, Canada.
  3. Kei Nakatsuma, Hiroyuki Shinoda, Yasutoshi Makino, Katsunari Sato, and Takashi Maeno, “Touch Interface on Back of the Hand,” in ACM SIGGRAPH 2011 (The 38th International Conference on Computer Graphics and Interactive Techniques), Emerging Technologies, Aug., 2011, Vancouver, Canada.
  4. Kei Nakatsuma, and Hiroyuki Shinoda, “A Demonstration of Wearable Interface based on Position on Fabric,” in IEEE World Haptics Conference (WHC) 2011 Demo, Jun., 2011, Istanbul, Turkey.
  5. Yasutoshi Makino, Kei Nakatsuma, Takashi Maeno, and Hiroyuki Shinoda, “Wristband-shaped Input Interface Using User’s Back of Hand,” in IEEE World Haptics Conference (WHC) 2011 Demo, Jun., 2011, Istanbul, Turkey.
  6. Kei Nakatsuma, Akihito Noda, and Hiroyuki Shinoda, “Localization Scheme for Passive RFID Tags Using 1D Stripline-shaped Antenna,” in Proc. of INSS 2011 (The 8th International Conference on Networked Sensing Systems), Poster, P-7, Jun., 2011, Penghu, Taiwan.
  7. Kei Nakatsuma, Yuichi Tanno, and Hiroyuki Shinoda, “A Demonstration of Position and Orientation Sensor for Two-Dimensional Communication Networks,” in Adjc. Proc. Ubicomp 2010 (12th ACM International Conference on Ubiquitous Computing), Demo, pp. 371-372, Sep., 2010, Copenhagen, Denmark.
  8. Takayuki Hoshi, Masafumi Takahashi, Kei Nakatsuma, and Hiroyuki Shinoda, “Touchable Holography,” ACM SIGGRAPH 2009 (The 36th International Conference on Computer Graphics and Interactive Techniques), Emerging Technologies, Aug., 2009, New Orleans, USA.
  9. Kei Nakatsuma, Yasutoshi Makino, and Hiroyuki Shinoda, “Estimating Sensor Node Position on Two-Dimensional Communication Sheet,” in Proc. INSS 2009 (Sixth International Conference on Networked Sensing Systems), Demo, pp. 242, Jun., 2009, Pittsburgh, USA.
  10. Kei Nakatsuma, Yasutoshi Makino, Hiroyuki Shinoda, and Hiroto Itai, “Two-Dimensional Communication,” ACM SIGGRAPH 2008 (The 35th International Conference on Computer Graphics and Interactive Techniques), New Tech Demos, Aug., 2008, Los Angeles, USA.
  11. Kei Nakatsuma, Yasutoshi Makino, and Hiroyuki Shinoda, “Node Self-Localization in the “Two-Dimensional Communication” Networks,” ACM SIGGRAPH 2008 (The 35th International Conference on Computer Graphics and Interactive Techniques), Posters, Aug., 2008, Los Angeles, USA.

国内学会(査読有り)

  1. 中妻 啓, 山崎 拓也, 大嶋 康敬, 鳥越 一平, “臨床肺機能検査のための肺気道音響インピーダンス直接測定法の基礎的検討,” 第30回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム, 6PM3-PSS-122, Nov., 2013, 仙台.
  2. 堤 喬資, 大嶋 康敬, 中妻 啓, 鳥越 一平, 兼松 明弘, “インピーダンス分布センサー付きオムツによる新規尿流量測定システム,” 第30回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム, 5PM1-B-6, Nov., 2013, 仙台.
  3. 藤原 正浩, 中妻 啓, 篠田 裕之, “多人数への同時触力覚情報伝送のための表面硬さ分布の遠隔計測と提示,” 第28回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム, pp. 206-209, Sep., 2011, 東京.
  4. 中妻 啓, 藤原 正浩, 篠田 裕之, “触力覚情報伝送のための遠隔硬さ計測,” 第27回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム, pp. 136-140, Oct., 2010, 島根.
  5. 牧野 泰才,中妻 啓,篠田 裕之, “ユビキタス触覚ディスプレイ,” インタラクション2010 論文集, pp. 225-226, Mar., 2010, 東京.
  6. Kei Nakatsuma, Yasutoshi Makino, and Hiroyuki Shinoda, “Electric Field Sensor Array for Node Localization on Two-Dimensional Signal Transmission Sheet,” IEEJ The 25th Sensor Symposium, pp. 708-713, Oct., 2008, Okinawa, Japan.
  7. 米林 裕一郎,中妻 啓,西本 卓也,嵯峨山 茂樹, “Orpheus: 歌詞の韻律を利用したWebベース自動作曲システム,” インタラクション2008 論文集, pp. 27-28, Mar., 2008, 東京.
  8. Kei Nakatsuma, Yasuaki Monnai, Yasutoshi Makino, and Hiroyuki Shinoda, “Position Detection on Two-Dimensional Signal Transmission Sheet by Magnetic Field Pattern Sensing,” Proc. IEEJ The 24th Sensor Symposium, pp. 68-72, Oct., 2007, Tokyo, Japan.

国内学会(査読無し)

  1. 今村 顕, 中妻 啓, 鳥越 一平, “巻き付け型応力分布センサのための音響式チューブ断面積推定,” 第34回センシングフォーラム講演論文集, p. 227, 2017, 熊本.
  2. 鶴丸 惇, 鳥越 一平, 中妻 啓, “電気インピーダンスを用いた手掌部間接触面積の測定における複素情報の利用,” 第34回センシングフォーラム講演論文集, p. 228, 2017, 熊本.
  3. 内田 貴士, 中妻 啓, 田邉 将之, 小林 牧子, 鳥越 一平, “圧電膜のスプレー塗布による超音波フェーズドアレイの自由設計手法の基礎的検討,” 第34回センシングフォーラム講演論文集, pp. 129–133, 2017, 熊本.
  4. 木村 匠, 中妻 啓, 田邉 将之, 小林 牧子, 鳥越 一平, “曲面密着型皮膚センサのための大面積圧電膜製作法と膜評価,” 第34回センシングフォーラム講演論文集, pp. 151–155, 2017, 熊本.
  5. 木下 幸来, 河崎 滉, 中妻 啓, 鳥越 一平, 兼松 明弘, “乳幼児尿流量推定のためのオムツ吸水層内の尿拡散取得,” 第34回センシングフォーラム講演論文主, p. 226, 2017, 熊本.
  6. 尾形 迪博, 中妻 啓, 大嶋 康敬, 田邉 将之, 小林 牧子, 鳥越 一平, “圧電材料スプレー噴霧によるロボット皮膚センサ構築法の基礎的検討,” ロボティクス・メカトロニクス講演会2016講演論文集, 1P1-20a6, Jun., 2016, 横浜.
  7. 田島 優輝, 中妻 啓, 鳥越 一平, “音響信号を用いたひも型触覚センサの提案,” ロボティクス・メカトロニクス講演会2016講演論文集, 1P1-19b5, Jun., 2016, 横浜.
  8. 武富 涼真, 江口 貴彬, 中妻 啓, 大嶋 康敬, 鳥越 一平, “生体間弾性波伝播強度を用いた人と人との接触面積測定,” 第16回SICE SI部門講演会論文集, pp. 2684-2689, Dec., 2015, 名古屋.
  9. 江口 貴彬, 武富 涼真, 中妻 啓, 大嶋 康敬, 鳥越 一平, “生体間インピーダンスを用いた人と人との接触面積測定,” 第16回SICE SI部門講演会論文集, pp. 2678-2683, Dec., 2015, 名古屋.
  10. 武富 涼真, 江口 貴彬, 中妻 啓, 大嶋 康敬, 鳥越 一平, “弾性波伝搬強度に基づく人体間接触状態の推定,” 第32回センシングフォーラム 資料, pp. 210-214, Sep., 2015, 大阪.
  11. 江口 貴彬, 武富 涼真, 中妻 啓, 大嶋 康敬, 鳥越 一平, “皮膚間接触面積取得のための生体電気インピーダンス測定,” 第32回センシングフォーラム 資料, pp. 205-209, Sep., 2015, 大阪.
  12. 中妻 啓, 武富 涼真, 江口 貴彬, 大嶋 康敬, 鳥越 一平, “弾性波を用いた人体間皮膚接触量計測,”ロボティクス・メカトロニクス講演会2015講演論文集, 1P1-W08, May, 2015, 京都.
  13. 神垣 貴晶, 中妻 啓, 星 貴之, 大嶋 康敬, 鳥越 一平, “超音波回折パターンを利用した表面粗さ計測,”ロボティクス・メカトロニクス講演会2015講演論文集, 2A2-X01, May, 2015, 京都.
  14. 中妻 啓, 江口 貴彬, 武富 涼真, 大嶋 康敬,鳥越 一平, “人と人との接触の定量化手法の基礎的検討,”第15回SICE SI部門講演会論文集 (SI2014), pp. 1657-1661, Dec., 2014, 東京.
  15. 田中 雄也,中妻 啓,大嶋 康敬,鳥越 一平,“差圧式マイクロ質量流量センサーの研究,”第31回センシングフォーラム 資料, pp. 251-256, Sep., 2014, 佐賀.
  16. 中妻 啓,大曲 直道,大嶋 康敬,鳥越 一平,“下気道に注目した肺気道音響インピーダンス測定,”第31回センシングフォーラム 資料, pp. 136-139, Sep., 2014, 佐賀.
  17. 堤 喬資,大嶋 康敬,中妻 啓,鳥越 一平,兼松 明弘,“インピーダンス分布計測によるオムツ式尿流量測定システム,”第31回センシングフォーラム 資料, pp. 130-135, Sep., 2014, 佐賀.
  18. 中妻 啓, 大嶋 康敬, 鳥越 一平, “サクソフォン吹奏時の口腔内状態計測法の基礎的検討,”第30回センシングフォーラム 資料, pp. 26-29, Aug., 2013, 長野.
  19. 中妻 啓, 星 貴之, 鳥越 一平, “触覚コンテンツの制作及び共有支援システムの提案 ~第2報~,”第13回SICE SI部門講演会論文集 (SI2012), pp. 1344-1348, Dec., 2012, 福岡.
  20. 山崎 拓也, 渡邊 雅之, 大嶋 康敬, 中妻 啓, 鳥越 一平, “臨床肺機能検査のための肺気道音響インピーダンス測定システムの提案,” 第13回SICE SI部門講演会論文集 (SI2012), pp. 2479-2483, Dec., 2012, 福岡.
  21. 長谷川 圭介,吉野 数馬, 藤原 正浩, 中妻 啓, 篠田 裕之, “Visuo-Tactile Projector:映像と触覚の同時投影装置の提案,” 第17回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集, pp. 359-362, Sep., 2012, 東京.
  22. 星 貴之, 中妻 啓, 篠田 裕之, “運筆動作を介した触覚コンテンツ生成および共有のたまの枠組み,” ロボティクス・メカトロニクス講演会2012講演論文集, 1P1-A02, May, 2012, 浜松.
  23. 濱田 克彦, 中妻 啓, 篠田 裕之, “自身の身体表面への能動接触を利用する遠隔コミュニケーション,” ロボティクス・メカトロニクス講演会2012講演論文集, 1A1-E03, May, 2012, 浜松.
  24. 星 貴之, 中妻 啓, “触覚コンテンツの制作及び共有支援システムの提案,” 第12回SICE SI部門講演会論文集(SI2011), pp. 2270-2272, Dec., 2011, 京都.
  25. 中妻 啓, 篠田 裕之, “ユーザの身体表面位置指示に基づくウェアラブルインタフェース,” 第12回SICE SI部門講演会論文集(SI2011), pp. 2263-2266, Dec., 2011, 京都.
  26. 藤原 正浩, 中妻 啓, 篠田 裕之, “触覚共有のための表面硬さ分布の非接触計測と提示 ―時間変調荷重を用いた計測の耐雑音性向上―,” 第12回SICE SI部門講演会論文集(SI2011), pp. 610-613, Dec., 2011, 京都.
  27. 藤原 正浩, 中妻 啓, 篠田 裕之, “触覚放送のための表面硬さ分布の遠隔計測と物体モデルの提示に関する研究,” 第28回センシングフォーラム 資料, pp. 149-152, Oct., 2011, 東京.
  28. 中妻 啓, 篠田 裕之, “布上の位置情報センシングによるウェアラブルインタフェース,” ロボティクス・メカトロニクス講演会2011講演論文集, 1P1-C08, May, 2011, 岡山.
  29. 横山 恵子, 中妻 啓, 藤原 正浩, 高橋 将文, 篠田 裕之, “多人数への物体の触力覚情報伝送のための硬さモデル生成 (第1 報) ―超音波振動子アレイを用いた表面硬さ分布計測システム―,” ロボティクス・メカトロニクス講演会2011講演論文集, 2A2-O07, May, 2011, 岡山.
  30. 藤原 正浩, 横山 恵子, 中妻 啓, 篠田 裕之, “多人数への物体の触力覚情報伝送のための硬さモデル生成 (第2報) ―触力覚三次元モデルの生成と提示―,” ロボティクス・メカトロニクス講演会2011講演論文集, 2A2-O08, May, 2011, 岡山.
  31. 中妻 啓, 牧野 泰才, 篠田 裕之, “リストバンド型デバイスを用いた指先位置検出による入力インタフェース,” インタラクション2011 論文集, pp. 859-862, Mar., 2011, 東京.
  32. 中妻 啓, 篠田 裕之, “布上の位置情報に基づくウェアラブルインタフェース,” インタラクション2011 論文集, pp. 183-186, Mar., 2011, 東京.
  33. 中妻 啓, 篠田 裕之, “二次元通信における位置計測法(第4報) ~柔軟通信シート上の位置計測とウェアラブルインターフェースへの応用~,” 第11回SICE SI部門講演会論文集(SI2010), pp. 1079-1082, Dec., 2010, 仙台.
  34. 藤原 正浩, 中妻 啓, 高橋 将文, 篠田 裕之, “超音波音響放射圧を用いた非接触表面硬さ分布計測法,” 第11回SICE SI部門講演会論文集(SI2010), pp. 145-148, Dec., 2010, 仙台.
  35. 中妻 啓, 篠田 裕之, “触力覚情報提示のための硬さ分布イメージャの基礎的検討,” 第27回センシングフォーラム 資料, pp. 161-164, Sep., 2010, 群馬.
  36. 丹野 優一, 中妻 啓, 篠田 裕之, “二次元通信シート上の自己位置推定とその応用,” 第27回センシングフォーラム 資料, pp. 180-184, Sep., 2010, 群馬.
  37. 中妻 啓, 藤原 正浩, 篠田 裕之, “触覚放送のための遠隔硬さ計測法の基礎的検討,” 第15回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集, pp. 82-85, Sep., 2010, 金沢.
  38. 中妻 啓, 篠田 裕之, “静電容量分布計測に基づく二次元通信シート上のデバイス位置計測 第2報,” ロボティクス・メカトロニクス講演会2010講演論文集, 1A1-D22, Jun., 2010, 旭川.
  39. 中妻 啓, 篠田 裕之, “二次元通信における位置計測法(第3報),” 第10回SICE SI部門講演会論文集(SI2009), pp. 939-942, Dec., 2009, 東京.
  40. 中妻 啓, 落合 和樹, 篠田 裕之, “静電容量センサアレイによる二次元通信におけるセンサノード位置計測,” 第26回センシングフォーラム 資料, pp. 283-288, Sep., 2009, 東京.
  41. 高橋 将文, 星 貴之, 中妻 啓, 篠田 裕之, “無拘束型触覚提示装置による空中映像とのインタラクション,” 第14回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集, Sep., 2009, 東京.
  42. 中妻 啓, 牧野 泰才, 篠田 裕之, “静電容量分布計測に基づく二次元通信シート上のデバイス位置計測,” ロボティクス・メカトロニクス講演会2009講演論文集, 1A1-G04, May., 2009, 福岡.
  43. 中妻 啓, 牧野 泰才, 篠田 裕之, “二次元通信における位置計測法(第2報),” 第9回SICE SI部門講演会論文集(SI2008), pp. 545-546, Dec., 2008, 岐阜.
  44. 中妻 啓, 牧野 泰才, 篠田 裕之, “二次元通信における位置マーカ取得のための電界パターン計測,” 第25回センシングフォーラム 資料, pp. 95-99, Sep., 2008, 佐賀.
  45. 深山 覚, 中妻 啓, 米林 裕一郎, 酒向 慎司, 西本 卓也, 小野 順貴, 嵯峨山 茂樹, “Orpheus : 歌詞の韻律に基づいた自動作曲システム,” 情報処理学会研究報告, 2008-MUS-76-30, pp.179-184, Aug., 2008.
  46. 中妻 啓, 牧野 泰才, 篠田 裕之, “電場計測に基づく二次元通信シート上のデバイス位置推定,” ロボティクス・メカトロニクス講演会2008講演論文集, 2P1-H15, Jun., 2008, 長野.
  47. 中妻 啓, 牧野 泰才, 篠田 裕之, “二次元通信における位置計測法,” 第8回SICE SI部門講演会論文集(SI2007), pp. 1288-1289, Dec., 2007, 広島.
  48. 中妻 啓, 牧野 泰才, 篠田 裕之, “二次元通信シート上の位置計測,” 第24回センシングフォーラム 資料, pp. 25-30, Oct., 2007, 仙台.
  49. 中妻 啓, 酒向 慎司, 小野 順貴, 嵯峨山 茂樹, “歌詞の韻律を用いた自動作曲,” 日本音響学会春季研究発表会講演集, pp. 739-740, Mar., 2007, 東京.

招待講演

  1. “High Accuracy Position and Orientation Detection in Two-Dimensional Communication Network”
    第15回日本バーチャルリアリティ学会大会 OS 「トップコンファレンス採択論文紹介」, 金沢, 2010年9月16日

学位論文

“身体表面を介した入力インタフェースのための位置情報と能動接触のセンシング,”
2012年3月, 東京大学
学位論文審査委員:篠田裕之准教授(主査), 安藤繁教授, 石川正俊教授, 暦本純一教授, 亀岡弘和准教授.
[東京大学大学院情報理工学系研究科・研究科長賞受賞]

特許

  1.  特願2016-237060 「噴射システム」

その他

  • [展示/Exibition]
    センサエキスポジャパン2010, 東京ビッグサイト, 2010年11月24-26日
    「計測自動制御学会」のブースにて二次元通信シート上の位置検出センサの展示
  • [展示/Exibition]
    “二次元通信 -Two-Dimensional Communication-,”
    インタラクティブ東京2008, 日本科学未来館, 2008年9月13-14日
    牧野 泰才, 中妻 啓, 篠田 裕之, 板井 裕人